News

《新東宝ピンク映画 ラスト・フィルム・ショー vol.4》ラピュタ阿佐ヶ谷にて開催

2020.6.2 ※最新情報



2017年から毎年ラピュタ阿佐ヶ谷にて開催され好評を得た特集上映《新東宝ピンク映画 ラスト・フィルム・ショー》の第4弾が開催される。
今回は《~滝田洋二郎監督と異色のフィルムメーカーたち~》と題して、80年代の滝田洋二郎監督作を中心に、ピンクを黎明期から支えた山本晋也、渡辺護、90年代のピンクの中核となった"ピンク四天王"の作品など、バラエティに富んだラインナップ全15本を貴重な35mmプリントで上映する。

《新東宝ピンク映画 ラスト・フィルム・ショー inラピュタ阿佐ヶ谷 vol.4
 最後のプログラムピクチャーと呼ばれて
 ~滝田洋二郎監督と異色のフィルムメーカーたち~》

2020/6/20(土)〜10/2(金) 連日21:00よりレイトショー

★新型コロナウィルス感染症拡大防止により、ラピュタ阿佐ヶ谷は4/5(日)〜5/31(日)の間休館となりました。本特集は3/27(土)より上映されていましたが、休館前に上映済の作品も含め、下記日程での上映が決定しました。(6/2更新)

上映作品・日程
6/20(土)〜26(金)『痴漢電車 下着検札』
 1984年 監督:滝田洋二郎 出演:螢雪次朗、竹村祐佳、風かおる、竹中ナオト
6/27(土)〜7/3(金)『菊池エリ 巨乳』
 1986年 監督:細山智明 出演:菊池エリ、池島ゆたか、橋本杏子、松田知美
7/4(土)〜10(金) 『痴漢電車 いやらしい行為』
 1993年 監督:佐藤寿保 出演:林由美香、今泉浩一、伊藤清美、石原ゆり
7/11(土)〜17(金)『若妻 しとやかな卑猥』
 1990年 監督:佐野和宏 出演:岸加奈子、佐野和宏、吉沢健、一ノ瀬まみ
7/18(土)〜24(金)『ザ・緊縛』
 1984年 監督:滝田洋二郎 出演:西川瀬里奈、中根徹、螢雪次朗、竹村祐佳
7/25(土)〜31(金)『Eカップ本番II 豊熟』
 1989年 監督:サトウトシキ 出演:藤沙月、中根徹、井上あんり、平賀勘一
8/1(土)〜7(金)『本番レズ 恥ずかしい体位』
 1994年 監督:瀬々敬久 出演:智恵子、深谷真琴、辻斬かりん、山口博之
8/8(土)〜14(金)『痴漢夜行列車』
 1977年 監督:山本晋也 出演:堺勝朗、久保新二、松浦康、南ユキ
8/15(土)〜21(金)『変態』
 1987年 監督:北川徹 出演:前原祐子、黒沢ひとみ、下元史朗、中村仁
8/22(土)〜28(金)『痴漢電車 車内で一発』
 1985年 監督:滝田洋二郎 出演:螢雪次朗、星野マリ、竹村祐佳、大杉漣
8/29(土)〜9/4(金)『痴漢は最高!』
 1983年 監督:渡辺護 出演:下元史朗、香川留美、皆川衆、今日珠実
9/5(土)〜11(金)『一週間 愛欲日記』
 2000年 監督:小林政広 出演:葉月螢、川瀬陽太
9/12(土)〜18(金)『逆さ吊し縛り縄』
 1985年 監督:片岡修二 出演:下元史朗、早乙女宏美、池島ゆたか、杉下なおみ
9/19(土)〜25(金)『痴漢覗き魔 和服妻いじり泣き』
 1998年 監督:深町章 出演:葉月螢、工藤翔子、西藤尚、杉本まこと
9/26(土)〜10/2(金)『痴漢電車 聖子のお尻』
 1985年 監督:滝田洋二郎 出演:螢雪次朗、竹村祐佳、彰佳響子、麻生うさぎ

劇場サイト 特集ページにて

★期間中、劇場にて本特集のプログラム(800円)を販売(写真下)
メインプログラムである滝田洋二郎監督作品の「顔」である螢雪次朗+竹村祐佳+池島ゆたかによる「滝田組同窓会」、 ならびに、今回主演作2本が上映される葉月螢こと個性派女優ほたるさんのインタビューも掲載。

会場:ラピュタ阿佐ヶ谷 http://www.laputa-jp.com/laputa

守屋文雄監督作『すずしい木陰』公開

2020.6.1 ※最新情報



第2回ピンクシナリオ大賞入選作「ヒモのヒロシ」が『SEXマシン 卑猥な季節』(2007年 田尻裕司監督)として映画化されて脚本家デビューし、2017年には初の長編監督作『まんが島』を発表。監督・俳優・脚本と幅広く活躍し、城定秀夫監督『世界で一番美しいメス豚ちゃん』(2018年 一般公開題『恋の豚』)にて《第30回ピンク大賞》男優賞を受賞した守屋文雄の長編監督第2作『すずしい木陰』が4月4日より新宿 K's Cinemaでロードショー公開される。

『すずしい木陰』

監督・脚本・編集:守屋文雄
出演:柳英里紗
2019年/日本/96分/ビスタ/5.1ch/DCP

2020/6/1(月)〜6/12(金) K's Cinemaにて上映
★4/4(土)〜上映されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、K's Cinemaは4/8(水)~5/31(日)の間休館となりました。上記期間にて改めて上映が決定しました。(6/1更新)

公式サイト https://www.suzushii-kokage.com/

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止による成人映画館休館情報

2020.6.4 ※最新情報

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、各地の成人映画館にて休館が実施されました。

以下劇場は、公式サイト、SNSにて営業再開が告知されました。(6/4現在)

●横川有楽座 HP 5/11(月)〜再開
●塩尻東座2 5/13(水)〜再開
●国名小劇 PINK-LINK website 5/16(土)〜再開
●上六シネマ HP 5/16(土)〜再開
●尼崎パレス HP 5/16(土)〜再開
●首里劇場 HP Twitter 5/16(土)〜再開
●千本日活 HP 5/20(水)〜再開
●新世界国際地下劇場 5/20(水)〜再開
●日劇シネマ HP PINK-LINK website 5/21(木)〜再開
●日劇ローズ HP 5/21(木)〜再開
●福原国際東映 HP Twitter 5/21(木)〜再開
●中村映劇 HP 5/22(金)〜再開
●小倉名画座1・2 HP 5/22(金)〜再開
●Cinema KOBE2 HP Twitter 5/23(土)〜再開
●京都本町館 HP Twitter 5/29(金)〜再開

●シネロマン池袋 HP Twitter 6/5(金)〜再開
●上野オークラ劇場・上野特選劇場 HP Twitter 6/5(金)〜再開
●横浜光音座1 HP Twitter 6/5(金)〜再開
●横浜光音座2 HP Twitter 6/5(金)〜再開

●桃劇場  HP 7/4(土)〜再開予定
●甲南劇場 HP 7月〜再開予定

詳しくは各館の公式情報もご覧ください。
今後も休館や営業時間の短縮など実施される場合があります。

※宮崎ロマン  HP 4/18(土)〜休館に入り、そのまま閉館となりました。

事態が収束し、各映画館が無事に営業再開され、安心して映画を楽しめる環境が戻ることを願います。

《OP PICTURES+フェス》シアターセブンにて開催

2020.5.28 ※最新情報

従来の成人映画館に向けたR18版よりドラマ部分を充実させたR15+版を一般劇場で公開するオーピー映画のプロジェクト「OP PICTURES+」。毎年恒例となった特集上映《OP PICTURES+フェス 2019》が、関西地区の元町映画館、シアターセブンにて開催される。

《OP PICTURES+フェス》
上映作品
(1)『アノコノシタタリ』(R18+版タイトル『淫美談 アノコノシタタリ』監督:角田恭弥 主演:なつめ愛莉)
(2)『言えない気持ちに蓋をして』(R18+版タイトル『ホロ酔いの情事 秘め事は神頼み』監督:竹洞哲也 主演:川上奈々美)
(3)『たわわな気持ち』(R18+版『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』監督:古澤健 主演:松本菜奈実)
(4)『やりたいふたり』(R18+版『悶絶劇場 あえぎの群れ』監督:谷口恒平 主演:横山夏希)

日程:2020/5/30(土)〜6/5(金)
会場:大阪 シアターセブン http://www.theater-seven.com/
全4作品を日替わり上映
★4/4(土)〜上映されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、シアターセブンは4/8(水)~5/22(金)の間休館となりました。上記期間にて改めて上映が決定しました。(5/28更新)

上映スケジュールなど詳細は公式サイトにて

★OP PICTURES+ 公式サイト http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus

ぴんくりんく主催 《ピンキータイトル賞 2019》《ぴんくりんく女優賞》決定!!

2020.5.13

関西を中心に展開するフリーペーパー「ぴんくりんく」編集部の主催による《ピンキータイトル賞 2019》投票結果が決定した。

《ピンキータイトル賞 2019》
最優秀ピンキータイトル賞 『スペース・エロス 乳からのメッセージ』(オーピー 国沢実監督 南梨央奈主演)
優秀ピンキータイトル賞  『溢れる淫汁 いけいけ、タイガー』(オーピー 国沢実監督 佐倉絆主演)
             『ギャル番外地 シメさせてもらいます』(オーピー 山本淳一監督 霜月るな主演)
☆昨年1年間に公開されたピンク映画(新作/改題)のなかで、映画の内容関係なく、「作品タイトル」そのものだけを選考基準にして、2019年最もインパクトのあった『作品 題名』を決めようというこの企画。今年は82名の投票によって決定した。

《2019年度 ぴんくりんく女優賞》
【最優秀 主演女優賞】 和田光沙 『牝と淫獣 お尻でクラクラ』他
【最優秀 助演女優賞】 並木塔子 『憂なき男たちよ 快楽に浸かるがいい。』他
【最優秀 新人女優賞】 あけみみう 『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』
【優秀ピンク女優賞】 長谷川千紗/川上奈々美

★PINL-LINK website http://pinklink.movie.coocan.jp/

シネ★マみれ主催《ピンク映画ベストテン2019》結果発表

2020.4.24

切通理作さんが責任編集を務める映画雑誌「シネマ★みれ」主催による《ピンク映画ベストテン2019》の受賞結果が決定しました。

【ピンク映画ベストテン2019】
1位『悶絶劇場 あえぎの群れ』(谷口恒平監督)
2位『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』(古澤健監督)
3位『ツンデレ娘 奥手な初体験』(小関裕次郎監督)
4位『憂なき男たちよ 快楽に浸かるがいい。』(松岡邦彦監督)
5位『ホロ酔いの情事 秘め事は神頼み』(竹洞哲也監督)
6位『平成風俗史 あの時もキミはエロかった』(竹洞哲也監督)
7位『バージン協奏曲 それゆけ純白パンツ!』(小栗はるひ監督)
8位『溢れる淫汁 いけいけ、タイガー』(国沢実 )
9位『童貞幽霊 あの世の果てでイキまくれ!』(塩出太志)
10位『発情物語 幼馴染はヤリ盛り』(竹洞哲也監督)
◆個人賞◆
監督賞:谷口恒平『悶絶劇場 あえぎの群れ』
脚本賞:深澤浩子『ホロ酔いの情事 秘め事は神頼み』『濡れ絵筆 家庭教師と息子の嫁』
主演女優賞:佐倉絆『溢れる淫汁 いけいけ、タイガー』『愛憎のうねり 淫乱妻とよばれて』
助演女優賞:並木塔子『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』『変態怪談 し放題され放題』ほか
      きみと歩実『若妻トライアングル ぎゅっとしめる』『童貞幽霊 あの世の果てでイキまくれ!』
新人女優賞:あべみかこ『ツンデレ娘 奥手な初体験』
主演男優賞:櫻井拓也『痴漢電車 食い込み夢〈ドリーム〉マッチ』『平成風俗史 あの時もキミはエロかった』『発情物語 幼馴染はヤリ盛り』ほか
助演男優賞:安藤ヒロキオ『溢れる淫汁 いけいけ、タイガー』『若妻トライアングル ぎゅっとしめる』『憂なき男たちよ 快楽に浸かるがいい。』ほか
技術賞:大場一魅『牝と淫獣 お尻でクラクラ』のアニメーション制作
功労賞:関根和美

【ピンク映画ベストテン2019桃熊賞】
◆作品賞◆
1位『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』(髙原秀和監督)
2位『憂なき男たちよ 快楽に浸かるがいい。』(松岡邦彦監督)
3位『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』(古澤健監督)
◆個人賞◆
監督賞:小栗はるひ『バージン協奏曲 それゆけ純白パンツ!』
脚本賞:古澤健『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』
主演女優賞:小倉由菜『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』
助演女優賞:西田カリナ『バージン協奏曲 それゆけ純白パンツ!』
新人女優賞:松本菜奈実『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』
主演男優賞:関幸治『悶絶劇場 あえぎの群れ』
助演男優賞:ダーリン石川『密通の宿 悦びに濡れた町』『姉妹事件簿 エッチにまる見え』『ツンデレ娘 奥手な初体験』ほか
技術賞:金碩柱『悶絶劇場 あえぎの群れ』クライマックスの長回し含む撮影
功労賞:櫻井拓也 若手俳優としてピンク映画の一角を支え、活性化し続けたことに対し。『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』などでの演技も高く評価
※桃熊賞は主に映画を紹介するメディアで活動されてきた審査員6名により選出

5月5日に上野オークラ劇場にて開催予定とされていた表彰式は、コロナ禍の影響で延期となった。
開催についてなど、詳細は公式サイトにて。

シネ★マみれ公式サイト https://cinemamire.jimdofree.com/

《OP PICTURES+フェス》元町映画館にて開催

2020.4.8 ※最新情報

従来の成人映画館に向けたR18版よりドラマ部分を充実させたR15+版を一般劇場で公開するオーピー映画のプロジェクト「OP PICTURES+」。毎年恒例となった特集上映《OP PICTURES+フェス 2019》が、関西地区の元町映画館にて開催される。

《OP PICTURES+フェス》
上映作品
(1)『アノコノシタタリ』(R18+版タイトル『淫美談 アノコノシタタリ』監督:角田恭弥 主演:なつめ愛莉)
(2)『言えない気持ちに蓋をして』(R18+版タイトル『ホロ酔いの情事 秘め事は神頼み』監督:竹洞哲也 主演:川上奈々美)
(3)『いつか…』(R18+版『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』監督:髙原秀和 主演:小倉由菜)
(4)『劇場版・悦楽クリニック! 凛子の淫らな冒険』(R18+版『性感治療 股ぐらの処方箋』監督:佐々木浩久 主演:早川瑞希)
(5)『たわわな気持ち』(R18+版『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』監督:古澤健 主演:松本菜奈実)
(6)『ちゃのまつかのま』(R18+版『風俗図鑑 ヤレない男たち』監督:竹洞哲也 主演:辰巳ゆい)
(7)『やりたいふたり』(R18+版『悶絶劇場 あえぎの群れ』監督:谷口恒平 主演:横山夏希)

日程:2020/3/21(土)〜3/27(金)
会場:神戸 元町映画館 https://www.motoei.com/
連日19:50より(1)〜(7)の全7作品を日替わり上映

上映スケジュールなど詳細は公式サイトにて

★OP PICTURES+ 公式サイト http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus

《佐藤寿保ナイト in シネ・ウインド》開催

2020.4.7 ※最新情報

1985年の監督デビューから35年。90年代までピンク映画を量産した職人監督でありながら、その特異な作家性で今なおファンを魅了する日本映画界の至宝、佐藤寿保監督。
新潟のミニシアター、シネ・ウインドにて《佐藤寿保ナイト》と題し、その豊かなフィルモグラフィーから未ソフト化の貴重な2作品が上映される。

※新型コロナウイルスの感染拡大、並びに緊急事態宣言の発令に伴い、お客様の健康と安全を最優先に考慮し、本イベントは無期限の延期となりました。詳細は劇場サイト、公式SNSをご覧ください。(4/7更新)

《佐藤寿保ナイト in シネ・ウインド》
日時:2020/4/18(土) 開場18:00 開映18:30

上映作品
18:30〜『変態病棟 SM診療室』(1989年/国映 主演:伊藤清美、佐野和宏)
19:30〜 シークレット上映(佐藤寿保監督の原点である"あの"作品)
20:45〜 佐藤寿保監督アフタートーク

会場:新潟 シネ・ウインド https://www.cinewind.com/

主催:愛新覚羅グループ Twitter @china9liberty37

 

ぴんくりんく主催 《ピンキータイトル賞 2019》投票募集

2020.4.3

関西を中心に展開するフリーペーパー・ぴんくりんくの恒例企画が今年も開催。2019年最もインパクトのあった作品タイトルを決める《ピンキータイトル賞》の投票募集がスタートしました。

【投票概要】(公式サイトより)
☆昨年1年間に公開されたピンク映画(新作/改題)のなかで、最もインパクトのあった『作品 題名』を決めましょう!  映画の内容は関係なく、あくまで「タイトル」そのものだけが選考基準! 映画観てなくてもOK!  ピンク映画関係者もモチロン投票できます!
☆「タイトル」だけ見て思わず観てしまった映画、まだ観ていないけど是非観てみたいと思う「タイトル」、ステキなピンク映画「タイトル」、バカバカしい「題名」、エロすぎる「題名」……などなど、お気に入りの『作品タイトル』を1本選んで是非投票して下さい! ☆どうしても1本に絞りきれない場合は、2作品まで投票OKです!

投票締切 2020/4/20(月) 24:00(=4/21 午前0時)

投票方法など、詳しくはー
★PINK-LINK website http://pinklink.movie.coocan.jp/pta-joyu.html

金沢 駅前シネマ 閉館

2020.4.1 ※最新情報

現在では北陸唯一の成人映画館となっていた金沢市の駅前シネマが2020年3月31日をもって閉館することが決まった。
ピンク映画もデジタルへの移行が進んだ中、同館はフィルムでの上映にこだわり続けていたが、フィルム上映の継続が難しくなったことなどの理由から閉館を決めるに至った。当初、今年初夏までの営業を考えていたが、コロナウィルスの影響で客足が減ったこともあり、3月31日で幕を下ろすことになったという。

駅前シネマは1958年に藤岡柴浪支配人の祖父が開館。藤岡支配人が高校生の時代から番組編成に携わり、1970年に経営を引き継いだ。
1964年から成人映画の上映もスタート。当初は3本立ての1本という一般映画の併映扱いだったが、ロマンポルノのスタートを経て、成人映画を中心とした編成へと移行していく。
藤岡支配人が編集発行人を務め、上映スケジュールとともに映画時評などを掲載したフリーペーパー「駅前シネマニュース」を月刊にて発行(2009年に休刊)。「ピンク映画の助監督になりたい」の著者であり、渡邊元嗣監督作品の脚本家でもある山崎浩治さん、国沢実監督作『特務課の女豹 からみつく陰謀』の劇中歌を担当したシンガーソングライターの蓮沼ラビィさんなどが同誌に参加していた。

1999年には藤岡支配人による「映画番外地 良識への挑戦」(能登印刷出版部)が発刊された。興行主から見たピンク映画、ロマンポルノの歴史が語られ、興味深い内容となっている。Amazonなどで現在も購入可。

3/28(土)〜3/31(火) 最終番組は以下3本立となる。
ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み(1988年 日活 監督:児玉高志 出演:にっかつオールスター)
発情病棟 女医たちの下半身(2002年 新東宝 監督:愛染恭子 出演:愛染恭子、小室友里)
襦袢コンパニオン 密着露天風呂(2001年 Xces Film 監督:新田栄 出演:神崎南、小川真実)

北國新聞サイトの記事(2020/3/17) https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20200317101.htm

中日新聞Webの記事(2020/3/27) https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2020032702000215.html

朝日新聞デジタルの記事(2020/3/30) https://www.asahi.com/articles/ASN3Y6S9JN3SPJLB004.html

北國新聞サイトの記事(2020/4/1) https://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20200401401.htm

月刊北國アクタス4月号にて「さよなら駅前シネマ」特集記事が掲載 https://book.hokkoku.co.jp/order/actus/

古澤健監督『たわわな気持ち』ポレポレ東中野にてレイトショー公開

2020.3.5



『今日、恋をはじめます』『走れ!T校バスケット部』の古澤健が監督・脚本・出演を務め、初めてのピンク映画に挑んだ『たわわな気持ち 全部やっちゃおう』。そのR15+再編集版『たわわな気持ち』が、《OP PICTURES+ FES 2019》での各地の上映を経て、ポレポレ東中野にてレイトショー公開される。

『たわわな気持ち』
監督・脚本:古澤健
出演:松本菜奈実、あけみみう、加藤ツバキ、古澤健、川瀬陽太、他
2019年/カラー/80分

日程:2020/3/14(土)〜3/27(金) ※3/18(水)・19(木)・22(日)・23(月)は除く
会場:ポレポレ東中野 https://www.mmjp.or.jp/pole2/

※期間中、《古澤健監督&プロデュース作品特集上映》あり!

※イベント情報など詳細はは公式サイト、劇場サイトにて

★OP PICTURES+公式サイト http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus

 

 

 

 

 

シネ★マみれ主催《ピンク映画ベストテン2019》投票募集

2020.2.27

1995年よりキネマ旬報で「ピンク映画時評」を連載し、先頃公開された『ピンク・ゾーン3 ダッチワイフ慕情』などの脚本を手掛けるなど、長きに渡りピンク映画に携わる切通理作さんが、自身が責任編集を務める映画雑誌「シネマ★みれ」にて、《ピンク映画ベストテン2019》を開催することになりました。

2019年に公開された新作ピンク映画38本(ゲイポルノ含む)が対象。
対象作品のうち5本以上をご覧になった方が投票に参加できます。

投票締切 2020/4/1(水) 2020/4/3(金) 投票箱投函・郵送到着分まで
※コロナウィルス対策による映画館の臨時休館に配慮し、締切延長になりました。

表彰式 2020/5/5(火・祝) 上野オークラ劇場にて開催
※コロナウィルス対策による映画館臨時休館のため、開催時期は調整中となります。

投票方法など、詳しくはー
シネ★マみれ公式サイト https://cinemamire.jimdofree.com/

上野オークラ劇場にて『はめ堕ち淫行 猥褻なきずな』公開記念イベント(開催中止)

2020.2.29 ※最新情報

上野オークラ劇場にて、山内大輔監督、佐倉絆主演『はめ堕ち淫行 猥褻なきずな』の公開を記念したイベントが行われます。

■『はめ堕ち淫行 猥褻なきずな』公開記念 舞台挨拶&トークショー サイン・握手会&撮影会
日時:2020/3/7(金) 15:00〜
ゲスト:佐倉絆さん、並木塔子さん、桜木優希音さん、山内大輔監督、きみと歩実さん(司会アシスタント)

料金:一般1600円 シニア・学生1300円
会場:上野オークラ劇場(TEL 03-3831-0157)

本イベントは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止となりました。(2/29発表)
詳しくは劇場サイトにて。
★上野オークラ劇場公式サイト http://www.okura-movie.co.jp/uenookura/

櫻井拓也特集上映《次の主役は、お願いします》開催

2020.2.12


2010年、井土紀州監督『犀の角』の主演で映画デビュー。14年、大木萠監督『花火思想』ほかでキネマ旬報ベストテン主演男優賞の第6位に選出。以後、ピンク映画にも多数出演し、17年には山内大輔監督『ひまわりDays 全身が性感帯』、竹洞哲也監督『レンタル女子大生 肉欲延滞中』などで第30回ピンク大賞男優賞を受賞。さらなる活躍を期待されながら、2019年9月に31歳の若さで急逝した俳優 櫻井拓也の特集上映が開催される。

櫻井拓也特集上映《次の主役は、お願いします》
2020/2/29(土)〜3/6(金)
☆=ユーロスペース1 ★=ユーロライブにて上映

上映作品
2/29(土)『恋のプロトタイプ』(2014年 中村公彦監督)☆21:00〜
3/1(日) 『青二才』(2013年 サトウトシキ監督)☆21:00〜
3/2(月) 『夏の娘たち~ひめごと~』 (2017年 堀禎一監督)☆21:00〜
3/3(火) 『ひつじものがたり』(新作・劇場初公開 河合健監督)★18:30〜
    『極私的ランナウェイ』(2012年 河合健監督)☆21:00〜
3/4(水) 『日本映画大学実習制作&卒業制作作品集』 ★17:50〜
    『オレとアイツの集金旅行』(2017年 いまおかしんじ監督)★19:15〜
    『川下さんは何度もやってくる』(2014年 いまおかしんじ監督)☆21:00〜
3/5(木) 『犀の角』 (2010年 井土紀州監督) ☆21:00〜
3/6(金) 『花火思想』(2014年 大木萠監督) ☆21:00〜

連日ゲストによるトークショーあり

料金:前売1000円 当日1200円 3/1・3はサービスデー1100円
*前売券(1000円)
ユーロスペース、ポレポレ東中野、上野オークラ、横浜光音座にて絶賛発売中!
会場:ユーロスペースユーロライブ(TEL 03-3461-0211)

公式サイト http://sakurai-tokusyu.com/

訃報記事はこちら

城定秀夫監督『性の劇薬』公開

2020.2.12

『世界で一番美しいメス豚ちゃん』(2018年)が第31回ピンク大賞最優秀作品賞に選出、OV作品が特集上映されるなど注目を高める城定秀夫監督の最新作『性の劇薬』が公開される。
男同士の過激な監禁・SMを描き、累計100万ダウンロードを突破した水田ゆきによる電子BLコミックを映画化。過激な性描写を余すとこなく実写化するためR18+指定での作品として製作された。

『性の劇薬』
監督・脚本:城定秀夫
出演:北代高士、渡邊将、長野こうへい、階戸瑠季、千葉誠樹、山本宗介、守屋文雄

2020/2/14(金)〜2/27(木) 池袋 シネマ・ロサにて公開
以後、全国順次公開

『性の劇薬』公式サイト https://seino-gekiyaku.com/

上野オークラ劇場にて《ひとあし早いバレンタイン!》イベント開催

2020.1.30

上野オークラ劇場にて、4人の女優が登壇する《ひとあし早いバレンタイン!》イベントが行われます。

■《ひとあし早いバレンタイン!》トークショー &サイン会
日時:2020/2/8(土) 15:00〜
ゲスト:きみと歩実さん、水嶋アリスさん、桜木優希音さん、若月まりあさん

料金:一般1600円 シニア・学生1300円
会場:上野オークラ劇場(TEL 03-3831-0157)

★上野オークラ劇場公式サイト http://www.okura-movie.co.jp/uenookura/

俳優 山本昌平 死去

2020.1.10




『谷ナオミ しびれる』©新東宝映画

1960〜70年代のピンク映画に多数出演し、映画・TVドラマ・舞台で幅広く活躍した俳優の山本昌平さんが2019年10月30日、ご逝去されました。81歳でした。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

〈略歴〉1938年、台湾の澎湖島に生まれ、熊本県で育つ。1957年に劇団七曜会の研究生となる。劇団三期会演出部を経て、浅草フランス座のコメディアンとして活動。1963年にフリーとなり、若松孝二監督『日本暴行暗黒史 異常者の血』(1967年)、大和屋竺監督『荒野のダッチワイフ』(1967年)、梅沢薫監督『濡れ牡丹 五悪人暴行篇』(1970年)、小川欽也(姿良三名義)監督『いろ包丁』(1973年)など独立系のピンク映画へ多数出演。小林悟監督『女紋交悦』(1971年)では脚本(岡田昇平名義)・主演を務め、ほか何作かの脚本作がある。
以後、山口和彦監督『女必殺拳』(1974年)、鈴木則文監督『堕靡泥の星 美少女狩り』(1979年)などの映画、『太陽にほえろ!』『非情のライセンス』『大江戸捜査網』『水戸黄門』『桃太郎侍』『銭形平次』『暴れん坊将軍』『遠山の金さん』『電撃戦隊チェンジマン』などTVドラマの悪役で注目を集める。近年は老人ホームなどの福祉施設をボランティアで訪問し、子供の頃からの特技であるハーモニカ演奏するなどの活動を行っていた。

【ピンク映画の主な出演作】
『夜だけの未亡人』(1964年 宮口圭監督)
『裸の復讐』(1966年 高木丈夫監督)
『魔性の人妻』(1966年 高木丈夫、松原次郎監督)
『狂った女神』(1966年 山本晋也監督)
『汚辱の女』(1966年 高木丈夫、岸信太郎監督)
『白の人造美女』(1966年 若松孝二監督)
『泣き濡れた処女』(1966年 飛田良監督)
『艶夢』(1966年 向井寛監督)
『いそがしい肉体』(1967年 松原次郎監督)
『情夫と情婦』(1967年 渡辺護監督)
『無軌道女性』(1967年 松原次郎監督)
『鞭と肌』(1967年 岸信太郎監督)
『蛇淫』(1967年 福田晴一監督)
『日本暴行暗黒史 異常者の血』(1967年 若松孝二監督)
『女高生の絶叫』(1967年 東元薫監督)
『荒野のダッチワイフ』(1967年 大和屋竺監督)
『肉地獄』(1967年 松原次郎監督)
『女のせい談』(1967年 武田有生監督)
『性の配当』(1968年 梅沢薫監督)
『色道仁義』(1968年 三樹英樹監督)
『花と蛇より 肉の飼育』(1968年 松原次郎、岸信太郎監督)
『或る色魔』(1968年 木俣堯喬監督)
『昭和元禄 おいろけ女忠臣蔵』(1969年 新藤孝衛監督)
『濡れ牡丹 五悪人暴行篇』(1970年 梅沢薫監督)
『近世毒婦伝 少女地獄責め』(1970年 向井寛監督)
『私はこうして失った』(1971年 小林悟監督)
『女紋交悦』(1971年 小林悟監督)兼脚本
『好色女体地獄』(1972年 渡辺護監督)
『性の殺し屋』(1972年 谷ナオミ監督)
『いろ包丁』(1973年 姿良三監督)

★山本昌平さんの追悼企画として、『谷ナオミ しびれる』(『いろ包丁』を改題し、1978年に新東宝配給にて公開)が《懐かしの新東宝「昭和のピンク」シリーズ》にてリバイバル。1/31(金)〜2/6(木)シネロマン池袋にて上映されます。
http://cineroman.blog92.fc2.com/

上野オークラ劇場にて新春舞台挨拶イベント開催

2019.12.28


上野オークラ劇場にて、2020年正月映画2作品『痴漢電車 夢見る桃色なすび』(小関裕次郎監督 佐倉絆主演)、『人妻の湿地帯 舌先に乱されて』(工藤雅典監督 希島あいり主演)の舞台挨拶イベントが行われます。

■『痴漢電車 夢見る桃色なすび』公開記念 舞台挨拶&トークショー サイン・握手会&撮影会
日時:2020/1/4(土) 15:00〜
ゲスト:佐倉絆さん、卯水咲流さん、きみと歩実さん(司会アシスタント)、小関裕次郎監督

■『人妻の湿地帯 舌先に乱されて』公開記念 舞台挨拶&トークショー サイン・握手会&撮影会
日時:2020/1/25(土) 15:00〜
ゲスト:希島あいりさん、並木塔子さん、麻倉ゆあさん、きみと歩実さん(司会アシスタント)、工藤雅典監督

料金:一般1600円 シニア・学生1300円
会場:上野オークラ劇場(TEL 03-3831-0157)

★上野オークラ劇場公式サイト http://www.okura-movie.co.jp/uenookura/


過去のNEWS 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年