発情物語 幼馴染はヤリ盛り

2019年12月27日公開
制作…Blue Forest Film
提供…オーピー映画

〇スタッフ〇 
監督…竹洞哲也
脚本…小松公典
撮影監督…創優和
音楽…與語一平
録音…丹雄二
整音…吉方淳二
編集…三田たけし
助監督…江尻大
スチール…阿部真也
撮影助手…赤羽一真
制作応援…泉知良
仕上げ…東映ラボ・テック

○キャスト○
木元雅美…川上奈々美
池田貴子…工藤翔子
川野光…辰巳ゆい
池田輝雄…櫻井拓也
尾田道夫…細川佳央
池田正勝…ささきまこと
尾田義春…モリマサ

○物語○
就活がうまくいかない輝雄は、恋人の発案で"自分レンタル"を始めた。それが評判となり、彼なりに充実した日々を送っていた。
そんな時、青森の実家で暮らす母・貴子から、父・正勝が腰を痛めたため、農作業を手伝って欲しいと連絡を受ける。地元で何か良い事があるかもと、久しぶりの帰省に期待を抱いた。
湖畔に立ち寄った輝雄は、幼馴染みの道夫と再会する。道夫はかつて映像関係の仕事に憧れ上京していた事もあり、ある映像会社に就職した頃までは付き合いがあったものの、多忙になった彼と音信不通になり、気づけば青森にUターンしていたのだった。あっけらかんとした輝雄に比べ、道夫はどこか元気がない印象を受けた。今は市会議員の父・義春の手伝いで、地元に移住者を募るPR映像を作っているという。輝雄は、人手が足りなければ声を掛けてと、自分レンタルをアピールしつつ、実家へと向かった。
その後、義春にレンタルされることになった輝雄は、道を歩きながらPR映像のキャスト探しを始める。個性的な地元アイドルの光に遭遇したりもするが、簡単には見つからなかった。
そんな中、輝雄は小さい頃に憧れていた雅美と出会う。雅美は義春の部下として役所勤めをしていた。二人は他愛ない話をしつつ、地元で有名なパワースポットへ立ち寄る。輝雄は雅美をついつい女として意識するようになり…。

発情物語 幼馴染はヤリ盛り

R15+版タイトル『サイコウノバカヤロウ 青森純情編』2020年10月24日公開 80分