悶絶劇場 あえぎの群れ

2019年8月9日公開
制作…花園シネマ
提供…オーピー映画

〇スタッフ〇 
監督・脚本・編集…谷口恒平
撮影…金碩柱
照明…市川高穂
   白鳥友輔
主題歌…おとぼけビ~バ~
録音…北野愛有
整音…吉方淳二
ヘアメイク…坂口佳那恵
劇中漫画製作…平松茉紘
撮影助手…金山翔太郎
     藤井良介
     長棟宏輔
照明助手…迫田遼亮
     宇都宮徳
演出応援…江尻大
制作応援…水嶋優太
撮影応援…今岡利明
車両…ムラカミロキ
   松野宏昭
仕上げ…東映ラボ・テック

○キャスト○
秋田カオリ…横山夏希
小崎愛…霧島さくら
櫻井ミキ…永瀬愛菜
春山タモツ…関幸治
三木…細川佳央
森田…中村無何有
朗読劇の女優…山本ロザ
チャラ男/ムーバーイーツの若者…可児正光
伊集院先生…折笠慎也
バンドマン…山本宗介
AV男優/ハメ撮りする男…安藤ヒロキオ
5年後のカオリの夫(声)…谷口恒平

○物語○
新人漫画家の愛は雑誌「漫画・本当にあったエロい話」の編集者・森田に呼び出され、依頼を受けた。
初めてのエロ画を走り描くも、仕上がりはイマイチ。愛はまだ処女だった。隣室から漏れ聞こえるカップルの喘ぎ声を聞き、敬愛する伊集院との妄想オナニーに溺れた。
森田の紹介で喫茶店に現れたのは、AV監督・タモツ。彼は淫乱な妻・カオリに恋をしてしまった苦悩を語り始めた。
大学の同級生・タモツとカオリ。映研に所属するタモツは、カオリに接近しようと彼女を自分の映画に出演させる。だが、男として見てもらえず、性生活も赤裸々に打ち明けてくる有り様で、タモツは悶絶の日々を過ごす。
紆余曲折を経て、二人は結婚。だが、タモツは経験豊富なカオリを満足させられているのか、疑念が拭えなかった。
ある日、タモツはカオリがバンドマン風の男と歩くのを目撃し、強い衝撃を受ける。寝室に監視カメラを仕掛け、留守中の映像を見ると、カオリはムーバーイーツの男を連れ込んで行為に及び、見たこともない表情や声で感じる姿が記録されていた。そんなカオリを美しいと思い、スクリーンの中の彼女と同時に果てると、初めてカオリと繋がれたと感じた。またある時は、後輩の三木とカオリの浮気現場を目撃して興奮し、そのまま愛を交わした。そんなタモツの話を聞いた愛は唖然とするばかりだった。
愛はカオリへも取材をする。昔から人に見られて行為に及ぶのが好きな彼女はタモツの目が好きだった。結婚生活は幸福だった。タモツが彼女では一度も勃たなかったという点を除いては…。

悶絶劇場 あえぎの群れ

R15+版タイトル『やりたいふたり』