性感治療 股ぐらの処方箋

2019年7月5日公開
制作…映像集団マムス
提供…オーピー映画

〇スタッフ〇 
監督・脚本…佐々木浩久
原作…滝川杏奴(日刊スポーツ連載)
撮督…鏡早智
編集…大永昌弘
助監督…島崎真人
スチール…阿部真也
     宮沢豪
音楽…ゲイリー芦屋
録音…小南鈴之助
   臼井勝
特殊メイク…土肥良成
VFX…大木円盤
監督助手…中田円凛
協力…上野オークラ劇場
   若杉佳彦
   鈴木隆人
   菊沢天太
   井坂雄哉
   ボランティアエキストラの皆さま
仕上げ…東映ラボ・テック

○キャスト○
柳沢凛子…早川瑞希
松井絵里奈…西村ニーナ
夢野奈々子…さくらみゆき
吉ちゃん…しじみ
少女老婆…吉行由実
近藤…野田博史
純一…加藤幹人
一馬…折笠慎也
諭吉…高橋洋
カメラマン…白石雅彦
井川…飯島洋一
映画館の支配人…加藤賢崇

○物語○
凛子は父・諭吉から引き継いだ病院で院長を務めている。内科医だった諭吉は、診察室に分娩台を設置し、診察と称しては生きたままの臨床体験をさせるという実験を繰り返していた。やがて彼は医学界を追われ失踪した。かつて天才医師と呼ばれた諭吉だが、凛子は彼が狂っていたと認識していた。
時は過ぎ、凛子は個人クリニックを開業し、再び彼の地へ戻ってきた。しかし、父の件が尾を引き開業とは名ばかりの閑古鳥状態。少しでも宣伝になればと受けた取材は、白衣の下でセクシーランジェリーを取っ替え引っ替えのエロ撮影となった。
そんな写真の反響を受け、予約患者が集まってきた。最初の患者は高齢男性・井川。検査結果からこのままではいずれ歩けなくなると忠告するも、何処吹く風で、逸物を露にして触診してもらえないかと言ってのける始末。凛子は風変わりな男性患者が増えたことに頭を抱えた。
井川を連れ処置室に通すと、絵里奈はすぐに鍵をかけ、中の看護師・吉子に「治療ですよ」と一声。井川が振り返ると、毛むくじゃらで野獣のような姿があった。驚愕する井川を前に看護服を脱ぎ捨てたその体は、乳房があり股間も存在する異形の姿だった。その後ベッドで吉子に後ろから犯される井川の絶叫が響き渡った。
帰宅した凛子を出迎えた恋人・一馬。ふたりが愛を確かめ合っている頃、絵里奈は医療メーカーの近藤を連れ、クリニックの処置室へ忍び込んでいた…。

性感治療 股ぐらの処方箋