世界で一番美しいメス豚ちゃん

2018年10月5日公開
制作…Production Lenny
提供…オーピー映画

〇スタッフ〇 
監督・編集…城定秀夫
脚本…鈴木愛
   城定秀夫
プロデューサー…久保獅子
撮影・照明…田宮健彦
録音…弥栄裕樹
助監督…伊藤一平
音楽…林魏堂
ヘアメイク…辻真美
スチール…本田あきら
監督助手…寺田瑛
撮影助手…荒金聖哉
制作応援…館林剛太郎
     沖貴優
     川上悠
撮影協力…アートワークスラパン
     DJ KOYA
     浅木大

○キャスト○
マリエ…百合華
萌…三苫うみ
美津子…並木塔子
カズ…守屋文雄
道田…吉田覚丸
神谷…山本宗介
塚本…ケイチャン
中島…久保獅子
山田…可児正光
デリヘル牝豚養豚場嬢1…松井理子
デリヘル牝豚養豚場嬢2…もちこ
債権者A…館林剛太郎
債権者B…沖貴俊
電気屋…川上悠
(声の出演)…城定由有子

○物語○
マリエは、友人の借金の保証人になったことで、その金を返すため、巨デブ嬢専門のデリヘル「牝豚養豚場」で働いていた。事務所兼待機室では、デリヘル嬢たちがダラダラと過ごしている。萌は指名が入ったが、以前にも接したその客とのプレイが嫌だと駄々をこねながら、やがて出掛けていった。気性の荒い萌と違い、穏やかな気質のマリエにもやがて指名が入った。
指名客・塚本の部屋にやって来たマリエ。大迫力の肉感ボディにメロメロの塚本は興奮し、店で御法度の本番を迫り、どさくさに紛れて挿入してしまう。
別の日。マリエはラブホテルで客の神谷の顔面に尻を下ろし座る。窒息死寸前になりながら、神谷はそれがクセになりもう一度と願い出た。
その帰り道、マリエはひょんなことから出会ったカズに一目惚れする。カズはマリエの部屋に住みつきヒモになる。マリエは彼の生活の面倒を見る決意をし、積極的に客を取るようになる。だが、風俗嬢の母親に虐待を受けて育ったカズは大の風俗嬢嫌い。マリエは自分が風俗で働いていることを隠し、幸せな日々を送った。
だが、カズはふとマリエの前から姿を消した。実はカズには美津子という妻がいた。仕事の移動中、偶然カズを見かけたマリエは、彼の後を追い再会を果たすが…。

世界で一番美しいメス豚ちゃん

R15+版タイトル『恋の豚』(70分)