おっとり姉さん 恥骨で誘う

2018年2月9日公開
製作…Blue Forest Film
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督…竹洞哲也
脚本…当方ボーカル
撮影監督…創優和 
編集…三田たけし
助監督…江尻大 
スチール…阿部真也
音楽…與語一平 
録音…山口勉 
整音…吉方淳二
監督助手…平田圭一
撮影助手…酒村多緖
     小山樹理

○キャスト○
遠藤愛子…神納花
遠藤踊…白木優子
遠藤里奈…しじみ
遠藤一男…飯田浩次郎
遠藤二郎…世志男
遠藤長生…櫻井拓也
本村武也…イワヤケンジ
麻田朝男…森羅万象

○物語○
守銭奴といわれたトヨが死んだ。遺された3人の兄妹、一男、二郎、里奈は死を悼むどころか内心では小躍りしたい気持ちでいた。トヨは身内である彼らに対しても甘い顔は見せることはなかった。だが、自らの死を悟ったせいか、親としての情を思い出したのか、兄妹に遺産を残したのだった。兄妹はその分配についての相談があると、遺産管理を任された弁護士の武也から連絡を受けた。
一男は妻の愛子とバスで別荘に向かっていた。乗り継ぎまでの間に彼は愛子を抱いた。いよいよフィニッシュを迎えた時、草陰から嬉しそうな声が聞こえる。見ると、別荘のある村で子供の頃から兄妹が馬鹿にしてきた朝男が顔を覗かせた。愛子の喘ぎを真似る朝男を追い払い、呆れる一男。そんな朝起が金の事で揉めては寄りつかなくなる兄妹の代わりにトヨの面倒を見ていた事、それゆえに遺産の一部を与えると遺言に書かれているとは知らなかった。
何で朝男がという疑問に、トヨの世話をした分を分配するのだという武也をよそに、生き別れかというほど顔を合わせていなかったにもかかわらず、兄妹は取り分を巡って嫌味と牽制を放ちあった。腹黒さもあり、全員が金に困ってもいるので、一円でも多く遺産を我が物としたいのだ。武也はそんな彼らに、この家のどこかにある家族の思い出を見つけた者に遺産の半分を与え、残り半分は朝男に与えるよう言われていることを告げる…。

おっとり姉さん 恥骨で誘う