悶絶上映 銀幕の巨乳

2017年9月29日公開
制作…加藤映像工房
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督・脚本…加藤義一
脚本…筆鬼一
撮影監督…創優和
編集…有馬潜
助監督…小関裕次郎
スチール…本田あきら
音楽…友愛学園音楽部
録音…小林徹哉
録音所…シネキャビン 
演出部応援…広瀬寛己
現場応援 …鎌田一利
協力…テアトル石和
   甲斐銃介

○キャスト○
佐良ひとみ…神咲詩織
三条環…ほたる
生田かおる…桃宮もも
福山一夫…櫻井拓也
犬塚道夫…なかみつせいじ
島村泰…ケイチャン

○物語○
田舎にひっそりと佇む映画館シリウス座。地域の人々に親しまれ、細々と営業している。そこで働く福山は映画監督になるために映画学校に通い、卒業後現場へ付いたが金にならず、借金まみれになり、親に実家に呼び戻され、それでも映画に触れていたいと、シリウス座で黙々と働いていた。
館主の犬塚はそんな彼を暖かく見守り、いつか後継者にしたいと考えていた。犬塚は糖尿病の合併症で失明する恐れがあると言われ、不安な日々を送っていた。身寄りのない彼は、まだこのことを誰にも知らせていなかった。
福山は常連客の環が気になっていた。環は若い頃から犬塚へ恋心を抱いていたが、犬塚はウスウス感じながらも素知らぬふりをしていた。環は結局別の男と結婚したが、その後別れた。福山は今環がでも犬塚に気があると感じ、ふたりを結びつけようと考えていた。
ある日、一人の女性が映画館へ来た。彼女、ひとみは朝一番から最終回までずっと映画を観ていた。福山はひとみをどこかで見たような気がしていた。翌日もひとみはシリウス座で終日映画を観た。
福山は、ひとみが今上映作品出演している中西アヤメだと気づく。以前映画の現場で出会ったこともあり、思わず「中西さん」と声を掛けてしまう。驚くひとみは逃げるように出ていった…。

悶絶上映 銀幕の巨乳