女ゆうれい 美乳の怨み

2017年8月4日公開
製作…VOID FILMS
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督・脚本・編集…山内大輔
撮影監督…田宮健彦
助監督…江尻大
スチール…本田あきら
音楽…Project T&K
録音…光地拓郎
特殊メイク・造型…土肥良成
監督助手…小関裕次郎
     茂出木まり
撮影助手…高嶋正人
     鎌田輝恵

○キャスト○
ユウ…佐倉絆
マリ…涼川絢音
ミチル…友田彩也香
徳永…竹本泰志
准也…櫻井拓也
ピエロ…ケイチャン
佐知子…浅場万矢
アリサ…須藤未悠
スーツの男…須森隆文
老婆の霊…加山なつこ(特別出演)

○物語○
結婚披露宴を目前に控え、激しく絡み合うミチルと准也。彼のマンションからの帰宅途中、人気のない地下道で、赤い風船を手にしたピエロが近づいてきて、ミチルは逃げ出した。自宅へ戻るも、寝室の天井には赤い風船が浮かんでいる。その後風船は消えるが、気になってクローゼットを開けると、ピエロが現れ彼女をレイプした。
数日後、投身自殺したミチルの葬儀の帰り道。同僚のユウとマリが喫茶店で話していると、ユウがふと気配を感じる。カウンターの向こう側から青白い顔のミチルが二人を見つめていた。
カウンセリングルームを訪れるユウ。手首の隙間にリストカット痕を残し、死んだ人が見えると打ち明けた。その後、ユウはマリから准也と付き合っていると聞かされる。マリは言い終わると大量の処方薬を一気に飲み下した。
夜、目を覚ましたユウ。シンクのそばには青白い顔のミチルが座り、こちらを見ている。逃げるように寝室に戻ると、天井には赤い風船。ベッドの下からピエロが現れ、ミチルの時と同様に口を塞ぎ、レイプする。涙を流し、くぐもった悲鳴を上げるユウ。
ユウはその出来事のせいで、徳永のもとでカウンセリングを受けていた。実はユウはミチルの婚約者である准也とずっと内緒で付き合っていた。だが、ミチルが亡くなりしばらく逢うのを控えている間に、彼はマリと付き合い始めたのだった…。

女ゆうれい 美乳の怨み

R15+版タイトル『女ゆうれい』(80分)