性器の大実験 発電しびれ腰

2017年5月26日公開
製作…旦々舎
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督・脚本…山﨑邦紀
撮影…小山田勝治
照明…ガッツ
編集…有馬潜
助監督…小関裕次郎
ポスター撮影…MAYA
現場スチール…山﨑邦紀
音楽…中空龍 
録音…山口勉
整音・音響効果…若林大記 
撮影助手 …伊藤尚輝
録音助手…廣木邦人
監督助手…江尻大
録音スタジオ…シンクワイヤ

○キャスト○
海星(うみほし)…東凛
香魚子(あゆこ)…西内るな
海月(かいげつ)…酒井あずさ
ボールズ…細川佳央
メバル…山本宗介
鮭尾…永川聖二

○物語○
海星の実験室。彼女は「オナニー☆マイスター」を名乗り、ここでエクスタシー=オルガズムによって生み出される電気から自家発電をする新たな研究をしていた。これまで男根を必要としてこなかったが、この研究には男女のセックスがあってもいいかもしれないと考えていた。
睾丸系男子ボールズ本舗の代表・ボールズは、「世界はまず、睾丸ありき」を掲げ、男は睾丸において自己を確立し、その後セックスにおもむくべきという主義の、睾丸系男子として活動している。相談に現れた鮭尾は、ある日妻・香魚子に結婚して10年、一度も心のエクスタシーを感じたことがないと言われたと話した。
その頃、海星実験室には香魚子が訪れていた。海星はオナニーで真のオルガズムに達するコツを会得すれば、夫とのセックスでスムーズに絶頂を迎えられると指導する。全裸でベッドに横たわった香魚子は、バイブで思いがけない感覚に襲われ、電球の輝きが増していく。海星はそのオルガズム発電で入れた紅茶を渡し、彼女に「オルガズム発電プロジェクト」を伝える。
実験室に海星の先輩・海月とメバルが訪ねて来る。売れないシンガーの海月と、彼女のマネージャーで頭の中が睾丸脳男のメバルに、海星はプロジェクトへの強力を要請する…。

性器の大実験 発電しびれ腰