アルティメットマスターベーション しごきの山

2016年12月28日公開
製作…旦々舎
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督・脚本…山﨑邦紀
撮影…小山田勝治
照明…ガッツ
編集…有馬潜
助監督…小関裕次郎
音楽…中空龍
整音・音響効果…若林大記
録音スタジオ…シンクワイヤ
撮影助手…坂元啓二
撮影応援…市川修
照明助手…蟻正恭子
応援…江尻大
   武子政信
制作助手…武子政信
仕上げ…東映ラボ・テック

○キャスト○
黒鬼典膳…樹カズ
谷地柳一…山本宗介
金栗陽二郎…細川佳央
蔵本伸治…岩田まこと
勝川太朗…泉正太郎
中島哲志…永川聖二

○物語○
草原でそびえ立つ山に向かい尻をむき出しにした男たち。ゲイ・マスターべーション界で孤高のカリスマと讃えられる黒鬼、彼の下で集う金栗、蔵本、勝川、中島。整列しながらオナニーし、やがて黒鬼のかけ声と共に一斉に射精する。
オナニーを研究している大学院生・谷地は、ふとした資料から山深くのバンガローで、少人数の若きゲイ達に実践的なマスターベーションの方法を指導・探求しているという黒鬼の存在を知り、彼らの住居地を目指す。
コーンフレークの発明者で有名なケロッグ博士。実はこの食品、原材料の調整により青少年のマスターベーションを防止する為のものだった。禁欲主義者で、彼のサナトリウムではセックスも禁止されており、谷地はゲイではないが、、黒鬼の掲げる「ロールオーバー・Dr.ケロッグ」というフレーズにも興味を持っていた。
黒鬼は、ケロッグ博士にまつわる主張に反対する一方、後期の博士が植物の持つ自然の力に傾倒し、キリスト教から破門されたことには共感していた。
バンガローに辿り着く谷地は、オナニー研究のために、合宿に参加したいと申し出る。ゲイでない彼に反対もあったが、黒鬼は黙って頷いた…。

アルティメットマスターベーション しごきの山