さまようアゲハ 蜜壺トロトロ

2016年3月18日公開
製作…ファミリーツリー
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督…榊英雄
脚本・助監督…三輪江一
撮影…早坂伸
照明…藤田貴路
   田島慎
音楽…雷鳥
編集…清野英樹
スチール…富山龍太郎
録音・効果・仕上げ…丹雄二
ヘアメイク…木戸出香
企画協力…木原祐輔
     楠智晴
衣装協力…ナジャペレーネ株式会社
特別協力…小沼秀剛
     氏家英樹

○キャスト○
花森揚羽…水城りの
虹川希来莉…加藤絵莉
遠野青空…蓮実クレア
瀬田翼…REN
高村康太…山本宗介
張本健作…三輪江一
西脇里美…阿部恍沙穂
上杉京子…松浦笑美
根岸昭一…齋賀正和
加地恭平…羽柴裕吾
濱口テツ…檜尾健太
劇場支配人…榊英雄

○物語○
翼が主宰する小劇団。演目は大真面目だが、前衛的で公演では団員は常に全裸で、スケベ親父の客しかいないような劇団である。今回の「ドンキホーテ」は、看板女優の希来莉が扮する馬に高村が跨るというクライマックス。高村の友人である恋人・加地と鑑賞していた揚羽は、失笑めいた拍手の中、茫然と舞台を見つめていた。
その打ち上げの席で、揚羽は劇団に勧誘される。「裸劇団」「下ネタ」やらのワードに、純情な揚羽は赤面し席を外す。初見で彼女に惹かれた翼が彼女を追い、辿り着いた屋上。両手を大きく広げて深呼吸する彼女の姿は、まるで羽ばたく蝶のように見えた。翼は、揚羽の入団を懇願する。
稽古場に揚羽を連れて、彼女の入団を告げると、希来莉は困惑する。彼女は翼と肉体関係もあり、揚羽にすべてを奪われる事を懸念した。そんな希来莉に片思いのレズ・脇美はこれをチャンスと捉え、積極的なモーションをかける。だが、当の希来莉は邪険に扱うばかり。
一方、自分の劇団を旗揚げしようと画策する根岸、劇団内の人間関係を見つめる前貼り管理の達人・張本、制作全般を担い、八つ当たりの矛先にされる京子。揚羽の加入により、複雑な人間関係がヒートアップする。そんな中、次の公演「蝶々夫人」が決まり…。

さまようアゲハ 蜜壺トロトロ

R15+版タイトル『裸のアゲハ』
amazonでDVDを買う DMM.comでDVDを買う