超いんらん やればやるほどいい気持ち

2008年3月28日公開
製作…セメントマッチ
配給…新東宝映画

○スタッフ○
監督…池島ゆたか
企画…福俵満
脚本…後藤大輔
撮影・照明…清水正二
音楽…大場一魅
編集…酒井正次
録音…シネキャビン
助監督…中川大資
演出補…田中康文
スチール…津田一郎

○キャスト○
高島夕景…牧村耕次
高島夕景(青年)…千葉尚之
夜半…倖田李梨
東雲…青山えりな
両天…川瀬陽太
正午…なかみつせいじ
映画…日高ゆりあ
釣音…ジミー土田
演出家…野村貴浩
女性シンガー…大場一魅

○物語○
老いた映画監督の夕景は浜辺で映画と名乗る美しい娘と出会う。その後夕景は映画に導かれ録音スタジオにいた。そこには女優の夜半、録音技師の釣音、助監督の両天、御前崎らがいた。そして夕景は映画と愛しあった。夕景と夜半は恋人同士だった。
夜半と男優の正午が絡み場面のアフレコを行った。仕事が終わると、夜半は両天とホテルで密会した。そこへ夕景が押し入り、揉み合ううちに三人は傷だらけになった。夜半は結婚を考えない夕景を批判した。両天の提案で彼らは3Pをはじめた。複雑な思いの夕景が夜半の中で絶頂に達すると、両天は静かにその場を去った。
青年時代、夕景は劇団に所属し、同じ劇団員の東雲と同棲するようになった。だが、東雲が他の男と付き合うようになり、二人の関係は終止符を打った。数年後、AV男優になった夕景は相手役として来た夜半と出会う…。

超いんらん やればやるほどいい気持ち
新版タイトル『大淫乱 飛び散るスケベ汁』2013年3月公開
DVDタイトル『超いんらん!快楽主義の女たち ポルノ業界、裏の裏』
amazonでDVDを買う DMM.comで動画を見る