親友の恥母 −さかり下半身−
2004年8月13日公開
製作…ネクストワン  提供…
Xces Film

○スタッフ○
監督・脚本…松岡邦彦
企画…稲山剃二
撮影…村石直人
照明…鳥越正夫
音楽…戎一郎
録音…シネキャビン
編集…酒井正次
助監督…菅沼隆
スチール…高橋ヒロカズ

○キャスト○
水野涼子…平田洸帆
林美保…谷川彩
野原美佳…酒井あずさ
野原駿介…拓植亮二
水野渉…高橋剛
○物語○ 涼子は夫が海外出張中のため息子の渉と二人暮らしだった。涼子が友達を連れてくればというので、渉は駿介を家に呼んだ。渉が二階に上がっていき、一人残された駿介がリビングを覗くと、風呂上りでバスタオル一枚の涼子がいた。駿介はただ謝るのに精一杯だった。その夜、涼子はパソコンの調子が悪いので見て欲しいと渉に言うが、渉はゲームに夢中で駿介に頼んだ。駿介が来ると、涼子は服のボタンを外し彼を誘惑した。駿介は涼子にフェラされ発射してしまった。数日後、駿介が同級生の美保と歩いていると涼子を見かけ、引き寄せられるように彼女の後を追った。駿介が家に来たので、涼子はこの前は最後までしてあげられなくてごめんねと、彼のモノに手を伸ばした。躊躇する駿介だったが、誘惑に勝てず涼子の体に溺れていく…。

2004年リストへ