未亡人旅館3 女将の濡れたしげみ

2001年12月28日公開
製作・配給…新東宝映画

○スタッフ○
監督…深町章
企画…福俵満
脚本…岡輝男
撮影…清水正二
編集…酒井正次
録音…シネキャビン
助監督…佐藤吏
スチール…津田一郎

○キャスト○
大島つむぎ…葉月螢
久方ひかる…里見瑤子
角川文子…佐々木麻由子
山崎靡彦…岡田智宏
青丹吉造…池島ゆたか
帆苅末人…なかみつせいじ
萩原千尋…入江浩治

○物語○
つむぎは一年前に夫を亡くし、彼が遺した温泉旅館を一人で切り盛りしているが、最近めっきり客足が落ちていた。そこで彼女は旅行代理店の社長帆苅を招き、密着サービスで客を回して欲しいと頼んだ。翌日、ひかるが旅館を訪ねてきた。彼女は東京でホステスをしていて、以前組合の会合で東京へ行った番頭の靡彦の「困ったことがあったにいつで面倒見る」という言葉を信じ、彼を頼ってきたのだった。つむぎはこれから忙しくなるだろうと彼女を雇うことにした。だが、ひかるはテレビディレクターと称する千尋に騙され旅館の金を持ち逃げされてしまう。そんな中、吉造という老人が十年ぶりに旅館を訪れ…。

新版タイトル(1)『美人女将 ぬるぬる接待』2005年4月29日公開
新版タイトル(2)『女将と仲居 あたたかい股間』2013年4月公開
DMM.comで動画を見る